メニュー
Click

ピアノを中心にさまざまなジャンルで
活躍するアーティストが集結!

Open Gate Piano Revolution 扉を開けよう!
円香バンド, Blue Owl, 手風琴, Keiko トリオ

ホンマルラジオホンマルラジオ

Open Gate Piano Revolution Open Gate Piano Revolution

オープンゲート、ピアノレボリューション!
多種多様な音楽の力で日頃のストレスを払拭し、心の扉を開放して
楽しんでいただきたい、音楽の喜びと感動を皆さんと共有したい!
という願いを込めたコンサートです。

2021.1024日(日)
開場:14時30分 /
開演:15時00分

龍宮城スパホテル三日月
新館 富士見亭
バンケットホール富士の間
2,000円(全席自由)

Open Gateは文化庁「ARTS for the
future! 」補助対象事業です。

AFF
円香バンド

円香バンド

中丸円香 / 岡崎正典 / ジャンボ小野

ジャズピアニストとして千葉県や東京都内で精力的に演奏活動を続ける中丸円香、テナーサックス奏者として国内外で活躍する岡崎正典、そして名器ガスパロ・ダサーロの音色で聴く人を魅了するベース奏者 ジャンボ小野がトリオを組み、良き時代のジャズ演奏スタイルでジャズスタンダードと日本の曲のジャズアレンジをお届けします。

もっと詳しく

Blue Owl

Blue Owl

金子朋沐枝 / 太田久遠 / 高橋涼

東京芸術大学音楽学部邦楽科で初の尺八専攻修了者として国際的に活動する女流尺八奏者 金子朋沐枝、二胡奏者として中国民族楽器コンクール金賞、中国音楽理事会コンクールで優秀指導者賞受賞など輝かしい実績を誇る太田久遠、ビティナピアノコンペティションで特級セミファイナル課題曲に選定された『ガラスの靴を履いたソナチネ』の作曲家ピアニスト 高橋涼のトリオ Blue Owlが奏でる、ピアノ・尺八・二胡の独自の世界をお楽しみください。

もっと詳しく

手風琴

手風琴

ソロ活動をしていた5人のミュージシャンが『手風琴』として活動を開始した2008年以来、地元 勝浦を中心に幅広いファンを持ち、千葉~東京で演奏活動を続ける手風琴。
アコーディオン奏者・指導者として活躍する渡辺ヒロ子、ピアノ指導のほか混声合唱団『コーロ デイ イスミ』の専属ピアニストなど幅広いジャンルで活動する狩野紀子、『世界ふしぎ発見』のエンディング・テーマを手掛けた倉橋潤とヤマハEastWestでベストギタリスト賞受賞の新島達也の両ギタリスト、さらにベストドラマー賞を何度も受賞している福嶋直紀が加わり哀愁ある響きとポップでラテンなノリの良い曲で癒しと元気を与えてくれます。

もっと詳しく

Keiko トリオ Keiko トリオ

Keiko トリオ

ケイコ・ボルジェソン /
池田聡 / 舛田真

1980年代から年間10回程度のコンサートをはじめ、世界20ヶ国以上で活動を続けるジャズピアニスト・ボーカリストケイコ・ボルジェソン。モントレー・ジャズフェスティバル出演、スウェーデン国王から北極星メダルを授与されるなど、国境を超えて世界中に多くのファンをもつ彼女が自ら作詞作曲した Open Gateはこのコンサートのトリに相応しい名曲。
彼女と一緒に数々の名シーンを作ってきたドラム奏者の舛田真、迫力ある音を奏でるベース奏者 池田聡とともに、『持続・情熱・愛』 をモットーに常に人々とつながるピアノ革命を起こします。存分にお楽しみください。

もっと詳しく

新館 富士見亭 バンケットホール富士の間

Open Gate Piano Revolution 扉を開けよう!

参加アーチスト:円香バンド、Blue Owl、手風琴、Keikoトリオ 参加アーチスト:円香バンド、Blue Owl、手風琴、Keikoトリオ
参加アーチスト:円香バンド、Blue Owl、
手風琴、Keikoトリオ

多様な活躍を続けるアーティストたちの
プロフィールをぜひご覧ください。

Artist Information

良き時代のジャズスタンダードと日本の曲をジャズアレンジでお届けします。

円香バンド

中丸円香
中丸円香

ジャズピアニスト作曲家 編曲家
講師幼少の頃からピアノ、エレクトーンを始め、大学から本格的にジャズピアノを学び大学卒業後、演奏活動を開始。作家、山口洋子氏が創った銀座の老舗クラブ『 姫 』 のピアノを務め、東京湾クルーズシンフォニーや帝国ホテルなどブライダルピアノをと務める。また、ライブ活動として都内中心に東京ドームホテル、アーティストカフェ、新宿Pit inn 、銀座アミズバーなどで演奏。現在は千葉みなとclipper 、いずみ市チャールストン、東金蓬菜閣、いずみ市古民家66 とっとっとなど千葉県で地域密着型のジャズ演奏活動を展開している。また、銀座Cygnas などに出演するなど、東京都内のライブも精力的に行う。自身のアルバムとして3 作のアルバムをリリース・中丸円香“Jazz meets Baby” “Fully Composed” “Meets

岡崎正典
岡崎正典

東京の下町に生まれ、高校時代に吹奏楽部に所属してクラリネットを演奏。法政大学入学を期にテナーサックスに転向、同大学ニューオレンジスウィングOrch.でジャズと出会う。卒業後、バークリー音楽大学の奨学金を得て留学。ジョージ・ガゾーン、ビル・ピアース両氏に師事し1998年卒業。帰国後、様々なグループで活動。現在、活動は多岐にわたり、辛島文雄グループ、高橋徹トリオ、井上祐一グループなどのスモールコンボから、大編成の小曽根真 Featuring No NameHorses、Blue Note Tokyo All Stars、守屋純子オーケストラに参加。南青山六丁目楽団の作編曲を手掛ける。2016年から活動を名古屋方面にも広げ、CUG Jazz Orchestra、宮本裕史グループに参加。ジャズ教育者としても、東京、名古屋の音楽教室の講師を務め、2017年1月に台湾国立東華大学のジャズキャンプに招聘sれた。演奏活動は、香港、台湾、シンガポール、インドネシア、フランス、アメリカ、オーストリア、スイス、スコットランド等、まさにワールドワイドである。

ジャンボ小野
ジャンボ小野

兄の影響で9歳頃からギターなど楽器に親しみ始め、仲間とグループを作りベースを担当。高校在学中よりベテランバンドに混じってアルバイトを始める。卒業後ウッドベースに興味をもち柴田恒夫氏に実技、荒川康夫氏に理論を習う。20代はジャズクラブAfter 6を中心に Sir Charles Thompson、RedRichards、Gene Roders他、沢山のアメリカのピアニストのグループでジャズのスピリットを学ぶ。30代でフリーのミュージシャンとなり様々な活動を開始。当時来日中の Scot Humiltonと共演。現在コンボでは、谷口英治6、岩見淳三with Yayoi、など、フルバンドでは、鈴木正夫とスウィンゴタイムス、そして菅原洋一氏、旗照夫氏、しばたはつみさんなどのサポートとしても活躍し、さらに若手の鈴木重子さん、小林桂君などのステージにも参加。その他都内ライブハウスに出演する傍ら、数々のレコーディング、ミュージカルの劇伴などにも熟し、音楽のジャンルもクラシック、タンゴ、カンツォーネにまで興味をもち今なお活躍の場を大きく広げようとしている。
ちなみに愛用のガスパロ・ダサーロは、西暦1600年頃イタリアのベルシアで作られた名器で裏板のネックに近い部分には聖母マリア像が埋め込まれている。その音色は深く、優しく、聴く者の心を忽ち虜にしてしまう不思議な魅力をもっている。

ピアノ、尺八、二胡という独自の音楽世界をハイレベルな演奏でお届けします。

Blue Owl

Blue Owl

尺八奏者金子朋沐枝、二胡奏者 太田久遠、ピアニスト 高橋涼の3名が結成したトリオ。

金子朋沐枝は、東京芸術大学音楽学部邦楽科卒業(専攻 琴古流尺八)。東京芸術大学院音楽研究科修了(尺八専攻では初の女性修了者)。在学中に人間国宝の山口五郎師に師事。NHK邦楽オーディション合格。現在、コンサート、イベント、リサイタル助演の活動の他、テレビ・ラジオなどメディアにも多数出演。また、スウェーデン、トルコ、アイルランド、フィンランド、オーストラリア、ベトナム、韓国、中国など海外でも数多くの演奏活動を行い、女流尺八奏者として第一線で、また邦楽ゆにっとあさきゆめみしでも活躍中。

太田久遠は幼い頃よりジャッキー・チェンやブルース・リーに憧れ、中国の著名な小説家、金庸による武狭小説 秘曲・笑倣江湖で二胡と出会う。中国天津音楽大学に留学、各地での二胡演奏はもちろん、歌手のサポートや、各種録音、映画ゲゲゲの鬼太郎での劇中録音や演奏指導を行うなど多方面で活躍中。2007年香港で開かれた中国民族楽器コンクールにて金賞、2015年中国音楽理事会コンクールにて優秀指導者賞を受賞。尺八の金子朋沐枝、作曲家ピアニスト高橋涼とのトリオ、Blue Owl、打楽器・ヴァイオリン・ピアノ・二胡のカルテット ciocolatiniとしても演奏活動を行っている。

高橋涼は、ピティナピアノコンペティションにて2015年度特級セミファイナル課題曲に「ガラスの靴を履いたソナチネ」が選定された作曲家ピアニスト。女子十二楽坊・第一期生二胡奏者 フォ・シャオジュンのソロCDアルバム「美しき神話」の全曲アレンジを担当。尺八の金子朋沐枝、二胡奏者の太田久遠とのトリオ、Blue Owlで活動中。国際ピアノデュオ作曲コンクール音楽之友社奨励賞。TIAA全日本作曲家コンクール室内楽部門入選。太田市音楽家協会会員。

アコーディオン・ピアノ・ツインギター&ドラムが奏でるポップでラテンなノリで、元気を届けます。

手風琴

手風琴

ソロ活動をしていた5人のメンバーが、手風琴とネーミングして活動を開始したのは2008年(バンド活動スタートは1990年)地元勝浦を中心に幅広い世代にファンをもち、千葉~東京でコンサート活動をしている。2011年からは、東日本大震災のチャリティー活動として、福島~宮崎での演奏活動も継続中。メンバーはそれぞれの個性を生かしながら、ジャンルを超えて音楽文化の普及を目指している。

渡辺ヒロ子
渡辺ヒロ子

8歳より、アコーディオン指導者として第一人者の故 伴典哉氏に師事。15歳で全日本アコーディオンコンテストでジュニアの部優勝、19歳で同コンテストでシニアの部準優勝。その後は、アコーディオン普及のためアコーディオン講師として全国を回る傍ら、日本・タイ・マレーシア・シンガポール4ヶ国合同ミーティングに参加し、幼児・児童支援プログラムにて演奏。ソロ活動としても多くのアーティストとのコラボレーションで活躍。

狩野紀子
狩野紀子

上野音楽学園大学ピアノ科卒業混声合唱団「コーロ ディ イスミ」の専属ピアニスト。
ピアノ指導の他、幅広いジャンルで演奏活動中。

倉橋潤, 新島達也, 福嶋直紀
倉橋潤

「MIジャパン東京」卒業後、ビクターgaiレコードに所属。2010年「ユニバーサルミュージック」でデビュー。TBSの「世界ふしぎ発見」のエンディング・テーマ曲に起用。

新島達也

幼少よりギターの魅力に惹かれ、独学でギターを習得。「スーパーバンドフェスティバル」で受賞。ヤマハEastWestではベストギタリスト賞を受賞。オリジナル曲も多数。多方面で演奏活動を展開。

福嶋直紀

エネルギッシュなドラムで「ベストドラマー賞」を幾度も受賞。プリンセス・プリンセスのベーシスト渡辺敦子氏(現 スクールオブミュージック副学長)とバンド結成しライブ活動。その後、1995年より現在のバンドに参加。

世界で活躍するケイコ・ボルジェソンと名ドラマー舛田真、迫力のベーシスト池田聡の熱い演奏をどうぞ!

Keikoトリオ

Keikoトリオ
Keikoトリオ

アメリカ、ハリーフィールド・ミュージックスクールでポピュラージャズ、ボーカルを学び、1980年代から恒例のサントリーホールで開催の New Year コンサートをはじめ日本での年間10回程度のコンサート、そして世界20ヶ国以上で活動を続けるジャズピアニストのケイコ・ボルジェソン。

モントレー・ジャズフェスティバル出場、スウェーデン国王から北極星メダルを授与されるなど、まさに国境を越えた活動により世界中に数えきれないファンをもつ彼女が、今回のコンサートのトリに相応しい彼女自身の作詞作曲による Open Gateを皆さんに披露します。

コンセプトは、持続可能な情熱と愛!

彼女と数々の名シーンを世界中に届けてきた力強いベース奏者の池田聡、海外の熱烈なファンの多いドラム奏者の舛田真との息の合った絶妙なトリオの演奏は、きっと皆さんにとって大いなる癒しと希望を与えてくれるものと思います。

ご来場のお客様へご案内

政府からの新型コロナウイルス感染症拡大防止等の要請を踏まえ、本イベントは以下の感染拡大防止対策を実施しております

〇体温測定 〇消毒液の設置 〇チケットの取り扱い(入場時は係員にご提示後、お客様ご自身でもぎっていただきます)〇換気を徹底

特にご注意いただきたい点は下記の通りです。
‣ マスクを必ずご着用ください

— 入場時よりマスクを正しくご着用いただき、鼻と口を覆っていただくなど、感染対策にご協力をお願いいたします。
フェイスシールドやマウスシールドではご入場いただけませんので、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

‣ 劇場内での会話はお控えください

— 感染症対策のため、客席内含む劇場内での会話、および終演時の声援等もお控えください。

‣ 飲食について

— 劇場内では、水分補給を除くご飲食をお控えください。飲食の際には会話をお控えください。

‣ 終演後のご退場について

終演時は分散退場にご協力をお願いいたします。

‣ 録音・写真撮影はNGです

客席内の録音・写真撮影はNGです。そのような行為を発見した場合、その場でのデータ消去をお願いする場合がございます。
新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)をご利用のお客様へ
上演中は、携帯電話の音が鳴らないよう設定をお願いいたします。

  • • Bluetoothオンに設定
  • • 機内モードに設定

上演中の携帯電話の振動音は、周りのお客様のご観劇の妨げになる場合がございますのでご注意お願いします。

2021.10月24日(日)15時開演 チケット発売中

PAGE TOP